こんな症状のあなたへ

腰痛

腰痛

ひどい腰痛のあなたへ

慢性的で辛い腰痛のあなた、どこに行っても楽にならないあなたのために、まずはこれまで「言い伝え」のように言われてきた間違った腰痛の原因や解釈について説明します。

安心材料になれば幸いです。

間違った腰痛の解釈

  • 重いものを持ったから、赤ちゃんを抱っこしたから腰が痛くなった。
  • 姿勢が悪いから腰が痛くなる
  • 病院でヘルニアと言われたから
  • 骨盤が歪んでいるから
  • 年だから腰が痛くなる

これらのエビデンスはなく、特にヘルニア=腰痛という考え方を否定する研究結果が相次いております。
そしてMRIによりヘルニアがあったとしても時間と共に自然と縮小、消失することが明らかになりました。
しかもヘルニアが縮小、消失して症状が軽快した患者さんの時間経過を調べてみると、ヘルニアが縮小、消失する以前に症状がよくなっていました。
つまりヘルニアがあっても腰痛はなくなるのです。

腰痛のナゼとナゾ 治らないを考える
菊池臣一福島県立医科大学理事長兼学長 著より

間違った腰痛時の対処法

コルセット

コルセットコルセット、ギプスジャケットが急性腰痛や坐骨神経痛に有効だというエビデンスはなく、脊椎のこわばり、筋肉の衰弱、ギプスによるただれ、呼吸器系の合併症を誘発することがあります。

ギプスジャケットで腰を固定しても急性腰痛や坐骨神経数には無効で、リスク(危険性)がベネフィット(有益性)を上回るから勧めないということです。
コルセットやサポートベルトも無効だというエビデンスがあるのですから、当然といえば当然でしょう。

安静にして寝る

腰痛や坐骨神経痛に対して牽引を用いた安静臥床は無効だというエビデンスがあり、特に安静臥床には関節のこわばり、筋肉の衰弱、骨密度の低下、床ずれ、血栓塞栓症といった合併症を引き起こす危険性があります。

腰痛や坐骨神経痛だからといって安静に寝ていると、回復が遅れるばかりでなくさらに悪化する可能性もあります。

当院では

施術腰痛やぎっくり腰のほとんどは筋肉の硬直や、精神的ストレスなど外的要因によるものがほとんどです。

痛みのひどい方は心の負担にならない程度から少しずつ筋肉を緩め、できる範囲内で動かします。その程度により、すぐに痛みがなくなる方もいらっしゃいますし、数回ご来院いただき、徐々に痛みがなくなる方もいらっしゃいます。

ただご安心下さい。

下記「本当に危ない腰痛」以外は大丈夫です。
必ず痛みはなくなります。

特に「自分は腰が弱い」「自分は腰痛持ちだ」とまるで持病のように思い込まれているあなた!
諦めずにご連絡下さい。

疾患による腰痛

ただ腰痛の中には疾患による腰痛もあります。
下記に該当する方は医療機関を受診してください。

女性特有の腰痛、坐骨神経痛

女性には女性特有の腰痛もあります。
わかりにくい方はぜひご相談ください。

  • 思春期の腰痛
  • 月経前緊張症:月経前に現れる、腰痛、頭痛、腹痛、むくみ、腹部の膨満感、乳房の緊張感、睡眠障害
  • 産婦人科の病気自体による腰痛
  • 子宮筋腫
  • 卵巣腫瘍
  • 産婦人科の病気に関連して発生した脊柱、骨盤の病的異常による腰痛:
  • 妊娠・分娩
  • 子宮内膜症
  • 女性生殖器の悪性腫瘍
  • 更年期以降の女性の腰痛
  • 女性ホルモンの減少に伴うめまいやホットフラッシュ、多汗、動悸、息切れなどの自律神経失調症状の一つとして発生する腰痛
  • 不眠、いらいら、うつ、不安感のような心理的な要因による腰痛

本当に危ない腰痛

ただしコンマ数%ではありますが、ごく稀に本当に危ない腰痛があります。

こちらのような症状のある方は直ちに医療機関にかかってください。